hola_ora.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています



| 2009.05.20 Wednesday | - | - |

いつもこころに JUNK



パンスプで、帰ってきた細美の歌を聴けて嬉しかったのもつかの間
来週にはアルバムが出て
しかもサマソニ一日目にくるってきたもんだ!!!
思わずPCの前で無意識に「やたーーーーーーー」と叫んでしまった
久しぶりだ。叫ぶとか。PCの前で。そういや弟帰ってきてたわ
でも最後に叫んだのも、たぶん細美復活のニュースを見た時のような気がする。
もうね、にやにやが止まりません
はよチケットかわな!!!

勢い余って高ぶりすぎてキーボードまでたたき始めて
こんなところに駄文をさらすことに
でもいいんだ 純粋に すげー嬉しくて 
それを表現したかった 絵に描くのは時間がかかるし
明日実は朝早いし。そいやまだ風呂はいってねーわ
ブログなんてね、
こんなもの誰が書いてもどこまでいってもどうやっても自己マンですよ!
書きなぐればいいんですよ!!

しかし待ってたものが期待を超えて目の前にやってくるって
嬉しいもんだ やっぱり

ここぞという時にいつも頼っていた曲は
いつまでたってもやっぱり私の中の一番だった
きっとたくさんのそんな言葉が、歌詞のとおり彼のものになって
また新しいとこに向かって彼は走り続けて
その結果がひとつ、形になる
その言葉とメロディーの力をまた借りることができる
いろんなモヤモヤを切り裂く勇気をくれる
それだけの事実 されど事実 でもそれを考えると 
ちょっとうるっとしちゃったよ。単純です
でも単純なものほど強いんだ

ちょうど自分自身、ちゃんと足下をみて走り出す覚悟がついたから
なおさらなのかもしれない
たぶんあきらめてない人は、
必要な時に必要な人や物事と出会うようになってるんだろう
今になって、あの名言が本当に響いた
覚悟はいいか? 俺はできてる
できてる!! 
ちょっと読みかえそうかな 
このところビジネス書を片っ端から読んでて、頭の中に漢字が多い
擬音語が足りないんだよ擬音語が!


ところで主題についてですが
最近、nack5をやめてもっぱらTBSラジオを聴いているわけですが
その最大の原動力になった伊集院光の深夜の馬鹿力があまりにも面白すぎて
ついついふとした瞬間に思い出してしまうわけですね
昨日の「ギザ」のくだりはまじでやばかった…
放送中に少なくとも10回は声出して笑っているじゃないだろうか(もちろん一人で)
なんであんな面白いんだあの人
これまでただのオタクデブだとおもっててごめんなさいほんとうに

wikiでつい調べてみたら、女性リスナー少ないそうで
そりゃそうだね…全面的に下品だもんね…

だがそんなくだらなさが大好物の私には至福の時間なわけです
大事なことなので2回言います。至福ですと!!!
一週間で一番気乗りしない月曜の夜が
こんなにも楽しみになったのはひとえに伊集院先生のおかげです
ちょりーっす






| 2009.05.20 Wednesday | NOTES | comments(33) |

そしていぬがすき



同じ日に撮ったもの
いぬてんこ盛り更新



うたた寝するときはいつも
同じケージの子らと折り重なっている
無意識に自分以外の体温を感じようとするのだろうか



同じところが気になる



いぬは笑うんだよなあ



毎日体重をはかります
やはり子いぬは成長が早いらしい



ダルメシアンもいる
親子3人でシェルターに預けられたそう
いまはお父さん犬だけが里親を待ってる



出そうと思えば顔全部を出せるのか



超レア 甲斐犬
身体のもようがすごく綺麗 複雑
自然のちからすげえ



散歩のあいだ、ずっと人の顔を見てた



ヨリヨリ
このあとカメラにぶつかった



ウィンク



背中と背中







| 2008.12.23 Tuesday | PHOTO | comments(2) |

ねこもわるくない



撮影ボランティアで
ねこを多めに撮ってみた
今回からデジタル一眼レフなので
やはり具合がよい

ねこは飼ったことがなくて
なんとなく気持ちに距離があった
触れ合うのが難しい気がしてた

でも 呼んだり触ったり持ち上げたり撮ったりしてるうちに
だんだんねこの扱い方がわかってきた感じ
ねこもわるくない



名前はガム
すごく白い やたら毛が抜ける
ねこも生え変わるらしい



爆睡
意外と足が長い ねこの身体はよく伸びる



ケージの下敷き用に新聞紙の3枚セットを作る
すると作業中の新聞紙にのってくる
意図的としかおもえない



編み目のあいだから爪をたてて



すごい目ぢから



子ねこは思ってた以上にすごく小さい
細くて軽い 片手で持てる
ちょっと感動



ねこの空気感 すごい
いぬには出せないアンニュイさ



ごろん



オーラ溢れる



猫村さんに似ている
いや、猫村さんが似ている 猫に



気になる耳あか
うちの犬もよくこんなことをしている
においが気になるのは動物の性か



きゅんきゅんくる視線





| 2008.12.23 Tuesday | PHOTO | comments(0) |

いまのわたしにできること



もう半月近く前になるが
里親を待つ犬猫の撮影ボランティアをはじめた
わたし個人に今できること
たぶんこれなんだ

保健所に預けられた犬猫を引き取って
一匹でも多く里親と巡り会わせるために活動されている
千葉県のNPO(名前出していいのか忘れた)
そのシェルターにいた犬っころたち





















好きだった人に裏切られて捨てられた子なのかもしれない
生まれた瞬間から放り出された子なのかもしれない
それでもまだ 人に希望と期待を持って目線をくれる

彼らはほんの一握りでしかなくて
助け出された命の後ろには
選ばれなかった命の いくつもの屍があって

こんな写真を撮らなくても
こんなことを伝えなくても
犬も猫も人も幸せに暮らせる
日本にしていきたいと思う




| 2008.12.21 Sunday | PHOTO | comments(0) |

ほれほれ





むさぼるように蓄積して
せききったように吐き出して

自分の直感を大事にする
そうしなきゃあ自分自身は納得しない
上手く生きようとするのはもうやめる
自分が喜ぶように生きないで
この人生に何の意味がある

あーーーーーーあ
エルレはやく戻ってこないかなあ





| 2008.10.04 Saturday | ILLUST | comments(2) |

まっすぐ





射抜くような


| 2008.09.21 Sunday | ILLUST | comments(0) |

どうぶつ か モンスター か





まじ天才だよ任天堂…ポケモンの造形たまんない!!!
動物図鑑とか見ていろいろ想像して描いてんのかなあ
このキャラデザやってるひと

しかしポケモン図鑑読んでてこんなにドキワクする23歳 おわてる いや 始まってる
いやーずっとシリーズ出し続けてほしいわー
そんで子どもとか生んだら 一緒にやりたいもの
ゲーム脳とか 何アホなこと言っちゃってくれてんだか


| 2008.09.14 Sunday | ILLUST | comments(0) |

位置確認 オーケーゴーゴー





井戸のなかの一等賞なんていらない




| 2008.08.31 Sunday | ILLUST | comments(0) |

23rd





23年目の人生が始まって2日目
さてどういう風に生きよう
まだ本心は決まらない

働くために食べるんじゃなくて
食べるために働いて
じゃあ何のために食べるのかって
自問自答の答えはまだ出ていない

自分で稼いだ金で自分を生かすという
ひとつの目標は叶った 叶っている 辞めない限りは
ようやくスタート地点には立てた
次は自分で生かした自分に何をさせるかということ
だましだましやっていても 底の方から声がする
ずっと底の方から



| 2008.03.21 Friday | ILLUST | comments(3) |

マリアと菩薩





人から「どこでもない感じがする」と
言われたことがある

どこ出身ぽいとか、田舎匂いとか帰国みたいとかなんでもいいけど
なんか根っこにあるカテゴリーがないらしい
消そうにも消せないしみついた匂いというか 空気というか 土着感というか
そういうのがないらしい
まあそうかもしれない 小さい頃によく引っ越ししてたからか
変なところで淡白なのはそのせいもあるかもしれない

でもざっくりくくって
日本は好きだなあと思う
宗教もなんでも受け入れて利用している感じ
マリアも菩薩も たいして変わらない感じ
そういう何でもいい感じがわりと好き

どこでもないってことは たぶん何でもいいってことと似ている






| 2008.02.09 Saturday | ILLUST | comments(0) |






RSS1.0 / ATOM0.3 / ADMIN

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------